ヘルニア手術

鼠径ヘルニアまたは腹部ヘルニアとしても知られている鼠径ヘルニアおよび腹部壁ヘルニアは、内臓手術で最も頻繁に行われる手術の原因です。素因、運動ストレス、または以前の手術の結果として、対応する腹壁または鼠径部が弱くなる可能性があります。この緩んだ組織領域は、ギャップが作成されるまで分岐する可能性があります。残念ながら、そのようなギャップをそれ自体で再び埋めることはできないため、通常は外科的治療が必要です。外科的閉鎖にはさまざまなオプションがあります。診断は通常、超音波検査と組み合わせた身体検査によってすでに行うことができます。場合によっては、さらにイメージングを手配します。 2日間の入院と1泊の滞在は、内視鏡手術と開腹手術の両方に適しています。

 

鼠径ヘルニア:  

内視鏡を用いた TEPP 法および TAPP 法 

当院では侵襲性を最小限に抑えた内視鏡的技法とカメラ技術を駆使して、ヘルニアの隙間をメッシュで塞ぎます。ここでの手術技法は、いわゆる TAPP 法と TEPP 法に分かれます。どちらの技法も全身麻酔をかけた状態で行われます。 

  • TAPP (経腹的腹膜前ヘルニア修復法): 

腹腔内からメッシュを挿入することによりヘルニアを閉鎖する組織節約的技法です。 

  • TEPP (完全腹膜外ヘルニア修復法): 

腹腔を切開せず、腹壁との間にある組織層内にメッシュを挿入する組織節約的技法です。 

 

シュッドアイス法とリヒテンスタイン法による開腹外科手術 

開腹外科手術は、メッシュを挿入しない方法 (リヒテンスタイン法) またはメッシュを挿入する方法 (シュッドアイス法) のいずれかで行うことができます。どちらの技法も、通常は全身麻酔をかけた状態で行われます。 

  • シュッドアイス法: 

シュッドアイス法では、鼠径靭帯領域の切開部から鼠径ヘルニアを露出させ、複数層に分けて縫合閉鎖します。この技法ではメッシュの挿入は必要ありません。 

  • リヒテンスタイン法: 

リヒテンスタイン法でも同様に鼠径靭帯上の切開部から鼠径ヘルニアを露出させ、メッシュで補強閉鎖します。 

 

腹壁瘢痕ヘルニア: 

外科介入後、切開瘢痕部の軟部組織が分岐する場合があります。これにより腹壁瘢痕ヘルニアと呼ばれる、組織間の隙間が生じます。この隙間は、外科手術を行わなければ時間の経過と共に広がっていきます。腸の一部がヘルニアに挟まってしまうことを避けるため、腹壁瘢痕ヘルニアは外科手術で閉鎖する必要があります。外科処置の選択は数多くの要因に依存し、特にヘルニアの予測される癒着度と大きさに左右されます。一般に診断は超音波スキャンと身体診察の組み合わせで行うことができ、加えて CT 検査が有用な場合もあります。比較的小さな腹壁瘢痕ヘルニアであれば、外来ベースでの治療が可能です。比較的大きな腹壁瘢痕ヘルニアの場合、一般に 1 2 日の入院が推奨されます。当院ではこの手術を全身麻酔下で行います。 

 

稀なケースでは、術前に側腹筋群に対する Botox 治療を行うことで腹壁瘢痕ヘルニアの閉鎖が促進される場合があります。 

 

 

臍ヘルニア: 

ヘルニアは、生涯を通じてへその部分に発達する場合もあります。この場合も全ての腹壁ヘルニアと同様に、ヘルニア中に腸が挟まってしまう恐れがあるため通常は手術が必要となります。この手術は、短時間の全身麻酔下で行われます。比較的小さな臍ヘルニアであれば、接合縫合で閉鎖することが可能です。裂孔が比較的大きな場合、組織補強用のメッシュを挿入することが有用です。 

一般に臍ヘルニアの診断は、身体診察、さらに必要な場合は超音波検査を加えて行うことができます。稀なケースでは CT スキャンが必要となる場合もあります。 

 

アドバイスはありますか?

博士 med。Nina Picker

さらに詳しい情報に興味がありますか?

私たちの診療で個人的な相談や予約をご希望ですか?

どうぞよろしくお願いいたします。