胆嚢外科治療

胆石はその存在に気づかないケースが多いですが、しばしば不快な腹痛を生じます。生涯を通じて胆石が胆嚢内に形成されていく場合があります。このような胆嚢内における胆石の蓄積は、胆嚢結石症と呼ばれます。胆石は偶然発見されて診断に至る場合が多く、何年にもわたって胆石による不快感は感じない場合、あるいは不快感はわずかである場合が多いですが、典型的な初期症状は右上腹部の痛みです。内部に滞留した胆石が原因で、胆嚢は何度も炎症を繰り返す可能性があります。この状態は再発性胆嚢炎と呼ばれます。特に小さな胆石は胆嚢内から胆管系へと出ることによって、胆管内または胆管で繋がっている膵臓などの器官で、極めて危険な炎症反応と強烈な痛みを引き起こす恐れがあります。胆石により不快感が生じ始めた場合は通常、胆嚢の外科的除去が必要となります。この手術は胆嚢切除術と呼ばれ、通常は腹腔鏡補助下で行われます。開腹手術が必要となるのは稀なケースのみです。どちらの技法であっても、この手術は全身麻酔をかけた状態で行われます。診断には、腹部の超音波検査が必要であるのに加え、一般に血液検査も行われます。場合によっては、さらなる診断が有用なケースがあります。 

 

腹腔鏡補助下での胆嚢切除 (胆嚢切除術) 

腹腔鏡補助下での胆嚢切除術では、侵襲性を最低限に抑えた手法で、胆嚢と不快感の原因である胆石を摘出します。このように組織節約的技法を用いることにより、入院期間と外科的苦情の低減を叶えることが可能です。

 

開腹胆嚢切除 (胆嚢切除術) 

開腹胆嚢切除術が必要となるのは稀なケースのみですが、この技法でも同様に胆嚢および胆石を右上腹部から摘出します。入院期間は、腹腔鏡補助下切除術と比較して開腹切除術の方が若干長く、3 4 日間を要します。 

 

アドバイスはありますか?

博士 med。Nina Picker

さらに詳しい情報に興味がありますか?

私たちの診療で個人的な相談や予約をご希望ですか?

どうぞよろしくお願いいたします。